弁護士になるのには、司法試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に合格しないといけません。 そして、司法試験をうけるためには、以下のように大きく二つの選択肢があります。 ・法科大学院を卒業する ・予備試験に合格する 弁護士になるのに必要な費用は、このどちらのルートを辿るのかによって異なるようです。 例えば、法科大学院を卒業して司法試験の受験資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)を得る場合だと、最低でも大学の学費と法科大学院の学費が掛かるでしょう。 また、この他にも、参考書や過去問題集といった本代、予備校代も発生しますし、まなんでいる間にアルバイトをするのはなかなか困難なので、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)費も必要になるでしょう。 そうすると、年間100万円以上の出費は確実だと思った方がいいです。 その為に、最低でも500万円以上の貯金は必要ですね。 一方、予備試験コースを選ぶのであれば、絶対にかかる費用というのは受験料のみです。 それに本代や予備校(入学試験や資格取得試験などを受験する人に、その試験に合格するための知識や情報を教えるための商業的な民間の教育施設のことをいいます)代を合わせても、大学と法科大学院の学費がかからないので、大幅に費用は安くなりますー